Sharon Gallery

Persian Carpet & Imported Goods

 maintenance
 

今お持ちのペルシャ絨毯、汚れが気になってはいませんか?

皆様の暮らしを足下から彩り、暖かさと安らぎを育むインテリアとして、末永くご使用いただけるよう願っております。
以下に、カーペットの一般的なお手入れ方法を記しております。
カーペットをよりよい状態で美しく保つために、お役立ていただければ幸いです。

【日々のお手入れ】
普段のお掃除の際、パイル(毛)の方向に沿って掃除機をかけます。
買ったばかりの絨毯からは「遊び毛」という余分なパイルが出ますが
これは絨毯の表面を揃える作業によって生じたもので、約1ヶ月ほどで取りきれます。
遊び毛がなくなるまで丁寧に掃除機がけをしてください。
掃除機に絨毯用ブラシがついている場合は、それをお使いください。

【月に1回のお手入れ】
掃除機では取り除けない、水溶性の汚れを落とします。
ウール絨毯の場合は中性洗剤を少量入れたぬるま湯に、
シルク絨毯の場合はぬるま湯のみにつけた布を、かたく絞って雑巾がけをしてください。

【半年に1回のお手入れ】
絨毯の裏面をよく拭き、干せるときは干してから、両面に掃除機をかけ、上記の要領で雑巾がけをします。
入念なお手入れをしていれば、10〜15年ぐらいは美しく保てます。

【部分的な汚れを取るには】
ウールの場合は、市販のカーペットクリーナーを、事前に色落ちしないか確かめてからお使いください。
シルクの場合は、水でかたく絞った布で拭き取ったあと、ベンジンで叩くように拭き上げてください。
それでも汚れが落ちないときは、絨毯専門のクリーニングを頼みましょう。
(当店でも、絨毯専門クリーニング、メンテナンスを承っておりますので、お気軽 にご相談ください。)

*長持ちさせるための工夫*
● 時々、絨毯の位置や方向を変えていただくと、パイルの消耗が均一化していたみが目立ちにくくなります。
● パイルが飛び出してしまったら、引き抜いたりせずに、ハサミで毛の長さに切りそろえてください。
● 家具の下になった部分の毛が平たく寝てしまったら、スチームアイロンの蒸気をかけるか
  ぬるま湯をしめした布で毛の流れと逆方向に拭いて、パイルを起こしてください。




メンテナンス案内


本来ペルシャ絨毯は、何代にもわたって敷き続けられるもの。
持ち主の人生とともに月日を重ね、経年のいたみや色あせも味となって、その風あいを増してい きます。
それでも、シミや埃による変色など、気になる汚れがついてしまうことも ・・・
そんなときは押し入れにしまってしまわずに、ぜひご相談を!
当店では、クリーニング、各種修繕の他、サイズ変更、タペストリー加工なども承っております。
ご注文いただいた絨毯はペルシャ絨毯専門のメンテナンス工房で、1枚1枚丁寧に洗浄、修復いたします。
よいものを末長く使っていただくことが、なによりも私どもの願いです。
修繕内容、料金など、詳細は店内スタッフにお気軽にお訊ねください。
 


お問い合わせは

TEL :044-980-4702(午前9 時〜午後9 時、日・祝も受付)
FAX :044-980-4703(24時間受付)
 
 page top   

Copyright © 2006−2011 Chayegani. All rights reserved.